HOME >> 大学院案内 >> 修士課程
修士課程
経営と情報、そして公共的観点を加味したイノベーションを喚起しうる担い手として、幅広く深い学識を保持し研究能力をもつ専門的職業人を養成する。

修士課程の授業科目は、「必修科目」と「選択科目」に分類され、「選択科目」は3つの系に対応する形で「経営分野」「公共政策分野」「情報分野」に分かれています。

必修科目

必修として下記の特別研究の履修が必要です。これらは、各指導教員(研究室/ゼミ)単位で開講される修士論文執筆のための研究指導科目です。

  • 特別研究I (1年前期)
  • 特別研究II (1年後期)
  • 特別研究III (2年前期)
  • 特別研究IV (2年後期)

また、その他の必修科目として「指定単位科目」の履修が必要です。指定単位科目とは、主指導教員が主指導教員担当科目以外の選択科目の中から特に指定した科目のことで、3科目が1年次の4月に指定されます。なお、修士論文に取り組むには、この指定単位科目3科目を履修していることが要件となっています。2年間での修了を目標とするならば、指定単位科目は全て1年生のうちに履修する必要があります。

選択科目

「経営分野」「公共政策分野」「情報分野」の3つの分野から構成され、修了までに8科目(16単位)以上の単位取得が必要です。選択科目は系の区分や学年による履修の制限はなく、どの分野の講義も受講することができます。これにより、境界領域的な分野や融合分野を学ぶこともできます。

また、各系科目群におけるオムニバス授業「イノベーション原理特論」、「ソーシャル・イノベーション特論」、「知的情報イノベーション特論」は、本課程における基礎的、基盤的科目と位置付けられ、学生の研究関心および修士論文の方向性などとの総合的な勘案によりその履修を促します。

経営情報イノベーション特別講義

選択科目のうち「経営情報イノベーション特別講義I・II」に関しては、「静岡県国公私大学連携による地域を担う人材育成のための大学院教育プログラム開発」(申請大学:静岡大学、静岡県立大学、静岡産業大学)の事業一環として実施する共同授業で、基本的には「地域経営戦略」、「国際経営」を巡る授業を共同で行います。履修した場合には修了要件となる単位に算入することができます。

副論文

副論文とは、修了に必要な条件である外国語試験に相当する課題の一つで、研究主題に関連する英語を中心とした外国語の学術論文あるいは学術書を翻訳したものです。その目的は、副論文を通して外国語の学術論文の読解力や思考力を問うことにあります。例えば、英語論文を邦訳する、あるいは日本語の論文を英訳する場合などがあります。 2年生は、修士論文の審査に先立ち、指導教員が選定する課題の成果物(副論文)を提出する必要があり、この副論文審査に合格しなければ、修士論文を提出できません。

他研究科、他大学の科目履修も可能

研究を実施する上で有益と認められる場合は、本学大学院国際関係学研究科が開設する科目の単位を10単位を上限として、修了要件となる単位に算入することができます(履修には指導教員・授業担当教員の承認が必要)。また、本研究科と静岡大学大学院人文社会科学研究科との間では、大学間協定に基づき、単位互換制度が実施されています。履修した場合には修了要件となる単位に算入できます(他研究科科目と合わせて10単位を上限)。

高度な専門性を持った講義科目。
カレンダー
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日の予定
予定はありません。
今後の予定
予定はありません。
〒422-8526 静岡県静岡市駿河区谷田52-1 静岡県立大学経営情報学部 TEL:054-264-5008(学生室)
Copyright(C)2015 School of Management & Information, Univ. of Shizuoka. All rights reserved. Since Dec. 27, 2002.