HOME >> 大学院案内 >> その他 >> 経営情報学研究科案内 >> 教育カリキュラム
教育カリキュラム
経営分野、公共政策分野、情報・数理・システム分野からなるカリキュラム。

本研究科の授業科目は、「必修科目」と「選択科目」に分類され、「選択科目」は3つの系に対応する形で「経営分野」「公共政策分野」「情報・数理・システム分野」に分かれています。

必修科目

必修として下記の特別演習、特別研究の履修が必要です。これらは、各指導教員(研究室/ゼミ)単位で開講される修士論文執筆のためのゼミナール形式の講義です。

  • 経営情報学特別演習I (1年前期)
  • 経営情報学特別演習II (1年後期)
  • 経営情報学特別研究I (2年前期)
  • 経営情報学特別研究I (2年後期)

また、その他の必修科目として「指定単位科目」の履修が必要です。指定単位科目とは、指導教員が選択科目の中から特に指定した科目のことで、3科目が1年次の4月に指定されます。なお、修士論文に取り組むには、この指定単位科目3科目を履修していることが要件となっています。2年間での修了を目標とするならば、指定単位科目は全て1年生のうちに履修する必要があります。

選択科目

「経営分野」「公共政策分野」「情報・数理・システム分野」の3つの分野から構成され、修了までに8科目(16単位)以上の単位取得が必要です。選択科目は系の区分や学年による履修の制限はなく、どの分野の講義も受講することができます。これにより、境界領域的な分野や融合分野を学ぶこともできます。

副論文

副論文とは、修了に必要な条件である英語試験に代わる課題の一つです。例えば、英語論文を邦訳する、あるいは日本語の論文を英訳するなどがあります。 2年生は、修士論文の審査に先立ち、指導教員が選定する課題の成果物(副論文)を提出する必要があります。この副論文審査に合格しなければ、修士論文を提出できません。

他研究科、他大学の科目履修も可能

研究を実施する上で有益と認められる場合は、本学大学院国際関係学研究科が開設する科目の単位を10単位を上限として、修了要件となる単位に算入することができます(履修には指導教員・授業担当教員の承認が必要)。また、本研究科と静岡大学大学院人文社会科学研究科との間では、大学間協定に基づき、単位互換制度が実施されています。履修した場合には修了要件となる単位に算入できます(他研究科科目と合わせて10単位を上限)。

入学から修士号の取得まで。
高度な専門性を持った講義科目。
将来の活躍の場を見据えた履修計画を立てる。
修士課程における研究成果を、論文として形にする。
社会人にとって学びやすい昼夜・土曜日開講制、サテライトキャンパス。
カレンダー
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日の予定
予定はありません。
今後の予定
予定はありません。
〒422-8526 静岡県静岡市駿河区谷田52-1 静岡県立大学経営情報学部 TEL:054-264-5008(学生室)
Copyright(C)2015 School of Management & Information, Univ. of Shizuoka. All rights reserved. Since Dec. 27, 2002.