HOME >> 学部案内 >> カリキュラム >> 卒業研究
卒業研究
ゼミにおける研究活動の成果を、卒業論文として残すことができます。

 本学科では4年次になると、卒業研究に着手します。卒業研究では、まず、3年次から開始したゼミ活動を踏まえて、指導教員のサポートを受けながら学生ごとに研究テーマを設定します。設定したテーマについて、調査、分析、評価などを行い、その集大成として卒業論文を執筆します。

 ただし、卒業研究を履修するためには、3年以上在学し、全学共通科目8単位以上、学部基礎科目38単位以上、専門教育科目44単位以上(ただし、研究導入演習及び演習Iを必ず含むこと)を取得している必要があります。

 また、卒業研究に合格するためには、

  • 卒業研究の中間報告会の実施(10月)
  • 中間報告フィードバックレポートの提出(10月)
  • 卒業論文の提出(1月中旬)
  • 卒業論文発表会におけるプレゼンテーションの実施(1月下旬)

が必要で、最終的に審査教員によって卒業論文が審査され、合否が決定します。

 
卒業論文発表会の様子

平成26年度卒業生の卒業論文タイトル(一部抜粋)
  • 経営分野
    • 小規模飲食店のマーケティング戦略 ―小規模の強みと生き残る秘訣―
    • グローバル企業への課税問題 ―移転価格税制の有効性―
    • 貢献意欲の高低に関係なく成果を出すための条件に関する研究
    • 女性の家事に対する意識改革 ―頑張りすぎる日本の女性が仕事と家庭を両立するために―
    • 国際分業の現状と課題に関する研究 ―ユニクロを例に―
  • 公共政策分野
    • 静岡空港の現状と課題 ―他の地方空港との比較による―
    • 基礎自治体における中間支援組織の役割 ―静岡市番町市民活動センターを中心として―
    • 自治体が企業誘致に成功するためには ―トップセールスに焦点を当てて―
    • ネット広告の現状
    • 医療・介護保障制度の研究  ―非営利ホールディングカンパニー型法人の政策案について―
    • 行政・住民・企業の自助・共助・公助におけるBCPの機能に関する研究
    • 子どもの貧困 ―教育制度のあり方から打開策を考える―
    • 高齢者雇用の在り方
    • 日本の少子化と両性のワークライフバランス
  • 情報分野
    • 進路指導・進路選択におけるオープンキャンパスの役割
    • Twitterのトレンド分析
    • アクセントの自動推定と母語干渉に注目した留学生発語データ
    • ファッション業界におけるIT活用
    • 美術館向けアプリケーションの開発と評価
カレンダー
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日の予定
予定はありません。
今後の予定
予定はありません。
〒422-8526 静岡県静岡市駿河区谷田52-1 静岡県立大学経営情報学部 TEL:054-264-5008(学生室)
Copyright(C)2015 School of Management & Information, Univ. of Shizuoka. All rights reserved. Since Dec. 27, 2002.