HOME >> 学部案内 >> 学科紹介
学科紹介
文系・理系の枠を超えて、経営、総合政策、情報のセンスを磨く。
経営情報学科

学問体系 今、経営学に関する知識の欠けた情報技術者や、情報技術に疎い企業人・公務員は、時代の変革に淘汰されようとしています。コンピュータを用いて業務の効率化を図り、情報データを収集し統計的に処理することで経営分析や意思決定を行う場合には、経営学のみならず情報技術や統計学に関する知識が必要です。一方で、企業や自治体の情報システムや、多様化する電子マネーなどの電子商取引のためのシステムを開発する場合には、情報技術の知識のみならず幅広い業務知識が必要となります。さらに、行政やNPOといった非営利組織においても、マネジメント能力や情報スキルが求められています。つまり、理系・文系で区別されて養成されてきた人材では、これからの高度情報化社会を主導する社会的リーダーにはなれません。

 このような高度情報化社会における各分野のリーダーを育成するために、本学科の科目体系は経営諸学(経営学、商学、会計学)、総合政策に対して数理統計学情報学を組み合わせた斬新なカリキュラムを編成しています。

 初年次において各学問分野の基本的知識を得た後で、2年次からは「経営コース」、「総合政策コース」、「情報コース」を選択し、経営学と情報学に精通した企業人や、公務員、医療機関などの職員、情報技術者、ITコンサルタントを目指します。

本学科を構成する学問群
  • 経営学
    • 企業や自治体などを対象として、経営管理、組織構造、戦略、人事などの仕組みを評価・分析し、そのあり方を考察します。また、人・モノ・カネ・情報の流れを把握し、戦略的に展開する方策を体系的に学びます。
  • 商学
    • 生産された商品が、私たちの手に届くまでの、様々な取引や流通プロセスについて学びます。例えば、私たちが日常行うショッピングや、コンビニやスーパーなど小売店の経営活動、企業のマーケティング、広告活動などが研究テーマになります。
  • 会計学
    • 経営活動によって生じる損益や資産の増減を記録する方法、その会計情報の利用方法について扱います。企業という営利組織だけでなく、自治体等の非営利組織における会計行動、またそれに対する規制等についても学びます。
  • 総合政策
    • 自治体や医療機関、福祉施設、NPOなどの非営利組織を対象とした組織マネジメントのあり方を考察します。環境・医療・福祉・健康・まちづくりなど、地域社会において取り組むべき諸問題への対応について学びます。
  • 数理統計学
    • 自然現象、社会現象を問わず、多くのデータから現象を統計的に分析したり、現象をモデル化し、モデルを組み合わせてシミュレーションを行う方法などを学びます。
  • 情報学
    • 情報技術そのものを工学的な立場から研究開発するだけでなく、社会科学的な立場から情報技術が社会に与える影響を分析し、如何に活用すべきかまでを考察します。

 

カレンダー
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日の予定
予定はありません。
今後の予定
予定はありません。
〒422-8526 静岡県静岡市駿河区谷田52-1 静岡県立大学経営情報学部 TEL:054-264-5008(学生室)
Copyright(C)2015 School of Management & Information, Univ. of Shizuoka. All rights reserved. Since Dec. 27, 2002.