会則

第一章 総則

(名称)
第1条 本会は経情会と称する。

(目的)
第2条
本会は会員相互の親睦を図ると共に母校の発展に資することを目的とする。

(事業)
第3条 本会は前条の目的を達するために次の事業を行う。

  1. 会員相互の連絡に関する事業
  2. 母校との連絡に関する事業
  3. その他、前条の目的を達するために必要な事業

(本部)
第4条
本会は経情会本部(以下本部という)及び事務局を静岡県立大学経営情報学部内に置く。

第二章 会員

(会員)
第5条
本会の会員は次のとおりとする。

  1. 正会員
  1. 静岡県立大学経営情報学部卒業生
  2. 静岡県立大学大学院経営情報学研究科修了生
  3. 静岡県立大学大学院経営情報イノベーション研究科修了生
  4. その他、この会の趣旨に賛同した者で、役員会の承認を得た者
  1. 準会員
  1. 静岡県立大学経営情報学部在学生
  2. 静岡県立大学大学院経営情報学研究科在学生
  3. 静岡県立大学大学院経営情報イノベーション研究科在学生
  1. 特別会員
  1. 静岡県立大学経営情報学部教員
  2. 静岡県立大学経営情報学部元教員

第6条
名簿流出等の不正行為を行った会員を除名できる。

第三章 役員

(役員)
第7条 本会に次の役員を置く。

  1. 会長     1名
  2. 副会長 1〜2名
  3. 書記     1名
  4. 会計     1名
  5. 幹事     各期生 1名以上
  6. 顧問     若干名
  7. 会計監査  若干名

(役員の選出)
第8条 役員の選出方法は次のとおりとする。

  1. 会長は役員会において選出し、総会の承認を得る。
  2. 副会長、会計、書記、および会計監査は、幹事の中から会長が指名する。
  3. 顧問は会長が推挙する。
  4. 幹事は、正会員のうち各期生から選出する。

(役員の責務)
第9条 役員の責務は次のとおりとする。

  1. 会長は本会を代表し、会務を総理する。
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長に事故がある時は、これを代理する。
  3. 書記は、本会の事務のとりまとめを行う。
  4. 会計は、経理を処理する。
  5. 顧問は、会の要請により会務を助言する。
  6. 幹事は、会務を処理する。
  7. 会計監査は、経理を監査し、その結果を総会に報告する。

(任期)
第10条

  1. 役員の任期は、2年とする。ただし承認が得られた場合は、再任を妨げない。
  2. 補欠によって就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。
  3. 役員の入れ替え人数は、1年に最高半数とする。

第四章 会議

(会議)
第11条 会議は、総会及び役員会とする。
役員会の議長は会長が兼務し、総会の議長は正会員の中から役員会が選出する。

(表決)
第12条
会議の議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数の場合は議長が決する。

(ホームカミングディ)
第13条
年に一回、会員同士の親睦を図る日を『ホームカミングディ』として設定する。

(総会)
第14条 総会は、正会員で構成し、ホームカミングディに開催する。
総会の議事は、以下のものとする。

  1. 役員の改選
  2. 会則の改廃
  3. その他

(役員会)
第15条 役員会は、必要に応じて会長がこれを招集する。
役員会は、本会の運営に必要な事項を議決する。

第五章 ホームページ

(ホームページ)
第16条

  1. 経営情報学部ホームページ上に、本会に関することを掲載し、本会の報告、正会員の名簿の管理および会員相互の意見の交換等を行う。
  2. ホームページの管理は事務局に委託し、報告を受けた会長が、必要に応じて役員会を招集する。

第六章 事務局

(事務局)
第17条 事務局は、静岡県立大学経営情報学部内に置き、準会員で構成される。

(業務)
第18条
事務局は、正会員と準会員の連絡機関とし、ホームページおよび名簿の管理等、本部より委託された業務を行う。

附則

本会則は、平成15年11月2日より施行する。
本会則は、平成17年10月29日より改定施行する。
本会則は、平成26年11月1日より改定施行する。
本会則は、平成27年11月3日より改定施行する。

このページトップに戻る

Copyright © School of Management and Information.