Jump over the chasm!

2016年度卒業研究発表会!

みなさんこんにちは!経情4年の持田です。
寒さが厳しくなりましたね(;_;)
静岡は暖かい地域なのか、日本各地で雪が降るなか「もしや…(ワクワク)」という静岡人の期待を裏切って雨でしたね。
寒さに強くない反面、雪景色を期待する気持ちもあり複雑な気分です。笑

 

さて、今月は先月1月20日に行われた経営情報学部の卒業研究発表会についてレポートです!
静岡県立大学経営情報学部は全学年の経情生と教職員が参加します。そして4年生が取り組んできた卒業研究について、この発表会を通じて知ることができます。
卒業研究は、経営戦略・マーケティング・組織マネジメント・会計・地域活性化・福祉・デジタル機器・プログラミングなど様々なテーマを設定し研究を行います。

Challenge12月1日更新記事では情報分野の卒業研究についてインタビューとともに特集していますのでぜひチェックしてみてください☆ ⇒ challenge12/1

 

 

学部4年生は研究発表を終えれば卒業!ということで緊張感が伝わってきます。

 

 

卒業研究発表は、学部1~3年生の将来のゼミ選択や卒業研究を考えるきっかけにもなります。というのも、経営情報学部では経営・総合政策・情報・数理分野を幅広く学ぶことができる分、研究内容も多彩です。入学時やコース・ゼミ配属などで分野や先生方の研究内容を知ることができますが、この卒業研究発表では“学生”の研究内容を知ることができ、「自分だったらどんな研究がしたいか」といった考えるきっかけにもなっています。実際に、卒業研究発表を聞いて今まで研究したいと考えていた内容と違う研究に挑戦したという人もいるそうです。

 

卒業研究発表会が終わると、学部4年生はひと段落、新しい環境に向けて準備をすすめつつ、最後の学生生活を過ごします。

 

 

challenge編集部の林田・持田も発表し、卒業発表を終えました!(^^)

 

 

 

最後になりましたが、今月が私の最後の記事になります。
大学1年の終わりから約2年半近く、たくさんの経情生や経営情報学部のイベントを取材させていただきました。challengeでは“読み手を意識した文章”や“傾聴”など本当にたくさんのことを勉強させていただきました。そして今、2年半前にはできなかったことが記事や取材を重ねることで少しずつできるようになっていたな、と感慨深く思っています。来年度から社会人としてchallengeで学んだことを精一杯活かし、頑張っていきます!
一足早いですが、2年半、本当にありがとうございました!
これからもChallengeをよろしくお願いします。

来月は3月1日更新です!お楽しみに☆


カテゴリ:研究, 経情生