Jump over the chasm!

経情OB・静岡にシェアハウスを立ち上げた鈴木駿矢さんにインタビュー!

みなさん、あけましておめでとうございます。
2016年最初のChallengeは経営情報学部のOBにインタビュー!をテーマにお送ります。

2015年12月に静岡にオープンした学生専用シェアハウス「コクーンベース静岡」
立ち上げたのはなんと、静岡県立大学経営情報学部の卒業生である鈴木駿矢さんです。

鈴木駿矢さん
イベント企画制作企業コロニーリンク 代表
学生向けシェアハウス コクーンベース静岡 運営事務局代表
(知りたい方は、コクーンベース静岡 をご覧ください)

 

鈴木さんがシェアハウス「コクーンベース静岡(以下、コクーンベース)」を作るうえでこだわったことは、学生が相場よりも安く住めるようにすることと、面白い社会人と出会えるスペースにすること。

今回は、鈴木さんにシェアハウスの立ち上げや大学生活の思い出についてお話を伺いました。

 

林「鈴木さんが起業をしようと思ったきっかけは何だったんですか?」

鈴「僕の家族が自営業の人ばかりだったので、小さいころからサラリーマンになるというイメージを持ったことがなかったんです。自分の生業を見つけるということが大人だと思っていたので、自分で何か業を興したいとずっと思っていて、それを何にするかっていうのを昔から考えていました。
それで大学3年生のときに就活うつという問題を身近に感じたことがきっかけで、こういう問題を解決するために起業しました。」

 

林「その手段のひとつがシェアハウスだったんですか?」

鈴「そうですね。まず、大学周辺に住んでいる一人暮らしの大学生と実家暮らしの大学生ではやりたいことに割ける時間が違うんですよね。ゼミの活動を頑張っている後輩が、名残惜しそうな顔で終電に間に合うように走って帰っていく姿を見て、もうちょっと頑張りたいっていう気持ちがあるのに、やれることが制限されてしまうことは非常にもったいないな、と思っていました。そういう学生はたぶんいっぱいいるんだろうな、と。そんな学生のためにできるだけ安価に住むことができて、一緒に住むみんなも挑戦を応援してくれるようなシェアハウスを作りたいと思ったんです。

あと、僕が所属していたゼミでは社会人と接する機会や社会のことを知る機会が自然に与えられていたんですが、普通に大学生活を送っていると社会人と出会う機会ってあんまりないんですよね。で、何も知らないまま大学を卒業して社会に出ると、理想と現実の差にショックを受けやすい。だから社会人と接する機会や社会のことを知る機会が必要なんじゃないか、と思って多くの社会人と出会えるシェアハウスにしようと思いました。」

 

 

林「いま社会人になって振り返ったとき、学生のときのどんな経験がいまの鈴木さんを作っていると思っていますか?」

鈴「一言でいうと、挑戦していたことですかね。迷ったら挑戦する方を選ぶという考え方がいま一番活きていると思います。
僕は学生時代に後悔がないんですよ。たくさん遊んだし、本もたくさん読んで勉強したし、勉強したことを実際の活動にも活かしたし。それを応援する仲間もできたし、今でも続いているし。それを引き継いでいってくれる後輩たちもできた。挑戦しつづけていたから学生生活に対する悔いは全くないですね。」

 

林「では最後に、どんな人にシェアハウスに入ってきてほしいですか?」

鈴「挑戦したい学生です。挑戦したい学生っていうと割とハードルをあげているようだけど、起業とかそういう大きな挑戦じゃなくてもいいんです。コクーンベースは、何かやりたいけどどう踏み出していいか分からないとか、やりたいことはあるけど一歩が踏み出せないとか、そういう学生の後押しを全力でしていきます。やりたいことが決まっていないなら、一緒に住む学生やシェアハウスの運営に関わる社会人の活動に参加してもいいし。コクーンベースはいろんな挑戦の機会を与えることができると思います。」

 

自身の大学生活に悔いはない!と言い切る鈴木さん。とってもかっこいい!!
また鈴木さんの話を聞きながら、大学生のうちに多くの挑戦をすることで挑戦へのハードルが下がったり、大学生のうちに多くの成功経験や失敗経験を得ることで自分の得意・不得意なことが知れて、社会に出ても自分の戦い方を見つけることができたりするのではないかと私は感じました。

 

鈴木さん、ありがとうございました。
次回は2月です。おたのしみに~!


カテゴリ:経情生, 経情生の将来