Jump over the chasm!

情報系ゼミってどんなことしてるの?

みなさんこんにちは!経営情報学部3年の林田です。

ついこないだまで暑かったのに、急に涼しくなってきました。夏気分のままお腹を出して寝てしまうと、風邪引いちゃいますね。注意です(^_^;)
さて、今回のテーマは「情報系ゼミってどんなことしてるの?」です。
情報系ゼミと聞くと思いつくのは“プログラミング”だったり“パソコンとにらめっこ”だったりしませんか?でも実は経営情報学部の情報系ゼミは研究内容もさまざまなんです。

経営情報学部の学生なら一度は見たことがあるこの大きなディスプレイ。

これはデジタルサイネージといって、リアルタイムで情報が発信される電子掲示板です。経営情報学部棟のカレッジホールにあるこのデジタルサイネージの設置やそこに映し出される「県大TV」の制作に関わっている渡辺研究室から4年生の長島弘志くん(以下:長)にお話を伺いました。

●県大TVってなに?
林「どんな経緯で県大TVは作られたんですか?」
長「もともとは静岡大学がデジタルサイネージの中で静大TVチャンネルを放映していました。渡辺研究室もデジタルサイネージの研究をしているので、静大と連携することになり県大にもデジタルサイネージを作りました。その中で再生する動画が欲しいな、と思ったのがきっかけで、自分達でTV番組を作ることにしました。YOUTUBEで県大TVのチャンネルを作成し、県大の魅力学内外に発信しています。現在では学生主体で動画の企画制作を行っています。」

★県大TVはこちらからご覧ください。 http://ustv.u-shizuoka-ken.ac.jp/

●情報系のゼミってどんなことしてるの?
林「経営情報学部の研究室(ゼミ)は、経営系・情報系・総合政策系の3種類に分けられますが、情報系ゼミと聞くと、“プログラミング”や“パソコンに向かってカタカタキーボードを打っている”というイメージを持っている人が多いと思います。」
長「そうですよね。でも実際は研究室によってもさまざまです。例えば僕の研究は、商店街の活性化のためのスマートフォンアプリの研究です。プログラムを書くのはあくまで手段であって、実現したいことは『商店街にお客さんを呼び込むこと』なんです。だからそれを実現するにはどんな機能が必要なのかをまず考えますし、マーケティングや公共政策など多角的な知識が必要です。僕は今マーケティングを専門分野としているとしている先生の所にも自分の研究についてアドバイスを貰いにいっています。情報系のゼミだからといってパソコンに向かっているだけじゃなく、実現したいモノ・ことのためにどうやって情報技術を使うかをいうことを学び、実践しているんです。」

●「TV番組をつくってみたい!」という人、集まれ!!
長「今後は県大のニュース番組の作成やサークルのPV制作などもやりたいと思っています。現在製作スタッフ募集中です!番組制作、企画、動画撮影、動画編集、出演!クロマキー合成やTVドラマで使うマイクやピンマイク、編集ソフトなど機材は一通りそろっています!こんな動画を作ってほしいという人も募集です。これからどんどん県大TVの認知度が上がり、県大を代表する広報メディアのひとつになったらいいなと思っています。」

今回の長島君のお話から、私たちが経営・情報・総合政策の3分野を1つの”経営情報学部”として学ぶ意味が分かったような気がします。それは「これを作りたい」「これをやりたい」を実現するためにはどんな知識が必要かを自分で気付き、それを自分から取りに行くことのできる環境が経営情報学部にはあるということです。また、大学は自分も目標達成の為の手段を獲得するあり、学ぶことが目的ではないのだと今回のインタビューで改めて知ることができました。
長島君、ありがとうございました。

次回は11月1日更新です♪お楽しみに~(^O^)/


カテゴリ:研究, 経情生



未来の経情生集まる!~2014オープンキャンパス報告レポート~

こんにちは!経営情報学部3年の持田です!

9月になり、暑かったり、寒かったりを繰り返していますね>_<

体調管理をしっかりしていきましょう♪

 

さて、今回は「経営情報学部のオープンキャンパス」について取り上げます!

オープンキャンパスとは、大学や学部の魅力をたくさん知って頂こうということで、毎年8月上旬の夏休み期間に行われているイベントです^^

経営情報学部のオープンキャンパスは先生方による学部説明、模擬授業、学生による校内ツアー、懇談会などが行われます。

今回は更に!実際にオープンキャンパスのボランティアスタッフをつとめた経営情報学部2年の杉山奈津希さん・経営情報学部1年の進士春菜さんをスペシャルライターにオープンキャンパスの様子をお伝えします☆

 

 

◎学部説明会(@大講堂)

 

松浦学部長による経営情報学部の概要や経営情報学部教務員の先生方による入試形態や就職状況などの説明が行われました。また、学部生によるプレゼンも行われました。ゼミ活動や、卒業後の進路、学生の活動について学生目線から見た経営情報学部を紹介していました。参加された方々は真剣な眼差しで説明会をうけていました。

 

 

◎体験授業(@経営情報学部各教室)


大講堂での学部説明会が終わると、次に経営情報学部棟各教室にて体験授業が行われました。ここでは、マーケティングや地域産業、医療経営、情報ネットワークについて、わたしたち経営情報学部生が実際に受けている授業を体験して頂こうというものです。

たくさんの方が体験授業に参加し、経営情報学部で学ぶことを知っていただけたのではないでしょうか(^^)

 

 

◎学部生による校内ツアー

 

こんにちは!経営情報学部1年の進士春菜です!

キャンパスツアーでは高校生や保護者の方とゼミ見学をしたり、経営情報学部棟・学生ホール・附属図書館をまわりました。ツアー中、周りをきょろきょろ見渡したりして興味深そうに大学を見学している高校生もいました。

経情生がツアーガイドとなることで、カレッジホールは勉強やミーティングだけではなく友達とおしゃべりしたりする時にも使えることや、テスト前は図書館が混むなど、より詳しい話が聞けたと思います。また施設の説明だけではなく、講義のことや売店の売れ筋(最近はアイスがよく売れてます☆)など大学生活についてリアルな声も聞けたのではないかと思います。

 

 

私自身にとっても、経情生でも入ることの少ない遠隔講義室に入ったり、施設の説明をすることにより、学部棟の設備や県大の施設について深く知ることができたキャンパスツアーになりました。そしてカレッジホールの天井の窓について説明した時は、開放感のあるいいキャンパスだなと改めて実感しました。

 

 

◎在校生との懇談会


こんにちは!経営情報学部2年の杉山奈津希です!

今回の懇談会も多くの学生さんが参加してくれました。この懇談会は大学生の生の声が聞ける場所です。自分が気になっていることや、パンフレットなどには載っていない情報も聞くことができます。実際ある高校生から「数学が苦手なんだけど、それでも経情に入って大丈夫?」とか「大学では合コンってあるの?」といった様々な質問がありました。

懇談会で高校生たちと話をすると、2年前の自分を思い出します。自分も受験の時にはいろいろ悩んだり不安になったりしていました。「受験を迎えた高校生なら誰でも持つ疑問や不安を少しでも解消したい。」「素敵な大学生のイメージを持ってもらいたい。」「受験までの期間一生懸命頑張ってもらいたい。」そんな気持ちで私はこの懇談会で高校生と向き合っています。

 

 

 

いかがだったでしょうか??

今年のオープンキャンパスは600人以上の方が参加してくださりました。

少しでも経営情報学部のことを知ってもらい、「経情に行きたい!」と思っていただけたら幸いです☆

 

私たち学部公式ブログchallengeでは今後も経営情報学部についてどんどん魅力を発信していきますので、ぜひご覧ください(*^o^*)

 

次回は10月1日更新予定です!

お楽しみにー!


カテゴリ:未分類