Jump over the chasm!

平成27年度学位記授与式が行われました

みなさんこんにちは!

経営情報学部3年鈴木菜都美です。

先代の林田さん、持田さんから引き継ぎ、

今回が初めての更新となります。

よろしくお願いします!

 

さて、先月17日には、

平成27年度学位記授与式が行われました。

今年の学位記授与式は晴天に恵まれ、

卒業生の袴姿、スーツ姿がとても素敵でした!

 

せっかくなので今回は、経営情報学部の卒業生に突撃インタビューをし、写真を撮らせて頂きました☆

 

卒業生には、「経営情報学部に入ってよかったこと」を一言でまとめて頂きました。

 

 

 

一組目!

「ステキな出逢いがありました」

新生活でもいろいろな出逢いを大切にしてください!

 

 

 

二組目!

「みんな仲良し!」

写真から仲良しな雰囲気が伝わってきますね!

 

 

 

三組目!

「多くの分野を学べる!!」

経営情報学部で学んだことを卒業後も活かしていってください!

 

 

 

四組目!

「友達がたくさんできた!!」

大学でできた友達は一生物ですね!

 

 

 

五組目!

「支えてくれる友達や先生と出会えたこと!!」

卒業後もその存在は力になりますね!

 

 

 

六組目!

「面白い奴が多い!!」

特に浦野ゼミは面白い先輩たちばかりでした!

 

 

 

七組目!

「変人に多く会えたこと!」

自分と考えの異なる人との出会いから、たくさんのことが学べたと思います!

 

 

 

最終組!

「やりたいこと全部やれた!!」

充実した学生生活を送れたようですね!

 

 

快くご協力してくださった卒業生のみなさん、ありがとうございました!

在学生一同、卒業生のみなさんの更なるご活躍をお祈りしています!!

 

私も、卒業時に経営情報学部に入ってよかったと思えるような学生生活を送れるように、残り2年いろいろなことに挑戦していきたいと思います!

 

最後になりましたが、卒業生のみなさん、ご卒業本当におめでとうございます。

 

次回のChallengeもお楽しみに!

 


カテゴリ:イベント, 経情生



わかもののまち・静岡についてインタビュー

みなさんこんにちは!経営情報学部2年の外山千尋です。
今月から先代の林田さん、持田さんからこの経営情報学部公式ブログchallengeを引き継がせていただきます!!
これからよろしくお願いします☆

さて、今回のchallengeは、『わかもののまち・静岡』の代表理事である静岡県立大学3年生の土肥潤也さんにインタビューさせていただきました!!
今回は、『わかもののまち・静岡』についてだけでなく、土肥さんの大学生活についてもお話を伺いました。

-『わかもののまち・静岡』の創設について聞かせてください。

「最初、他大学の学生や高校生などと集まって、ミーティングしたいのに場所がなかったんです。そのことについて他のメンバーも問題意識がありました。最初は団体ではなく、“静岡をわかもののまちにしよう!”というキャンペーンのような運動が始まって、YECや静岡2.0、地域コラボプロジェクト、また、高校生の団体など市内の14の若者団体が提言団体として集まって、提言書を提出して、賛同してくれる団体を集めて、個人で賛同してくれる人の署名を集めました。
このきっかけは、1年生の時に金沢に行った際、金沢には学生が集まる“基地”があって、それを静岡にも作りたいと思ったことですね。」

-『わかもののまち・静岡』ではどんなことをしているのですか?

「少子高齢化や、シャッター通り商店街、防災のことなど、「地域課題」と呼ばれるものが数多くありますが、その課題をわかもの自身の「やりたい!」「したい!」から始めるまちづくりを大切にしています。
3月20日にイベントがあるのですが、そこでは、街の中・高生や大学生500人に静岡の“まち”に何点つけられるかを聞いて、例えば、60点だったらプラスになった60点分はなぜか、逆にマイナスになった40点はなぜかという街頭調査をしました。
20日のイベントは、それをどうすれば100点にできるのかを話し合うというイベントになっています。」

- 土肥さんがこのような活動をするようになったきっかけはなんですか?
「JOBコンです。一年生の時、JOBコンに参加して、ある社長さん(Mさん)
に出会って話を聞いたとき、衝撃を受けたんですよ。その後もその人を通じて、いろんな社長さんやいろんな大人と出会ったのが始まりです。これがきっかけで、自分の世界が広がりました。」

※JOBコンとは、静岡県内の経営者と学生が対話をしあう交流イベント

- 三年間で変わったことはありますか?
「人として丸くなったと思います。笑
具体的に言うと、笑顔が増えたとか、人の話をしっかり聞くようになったとか・・・
いろんな人に言われます。あと、できるようになったことがいろいろあります。企画書ひとつ書くだとか、社会人とのやり取り、あと会計のこととかできるようになりました。」

- 将来は何をしたいですか?
「みんなが“生きたいように生きられる社会”をつくりたいと考えていますなんとなく社会の偏見とかで、みんなが生きにくい社会になっている気がしています。とくに中高生世代はしばられることが多くて、とても生き苦しいなと感じます。まだ将来はどうなるかわかりませんが、今はそんなことをどうにかできたらなと思っています。」

常に自分のやりたいことを知っていて行動に移すことができる土肥さんはすごいですね!!私自身はやりたいことが見つかっても踏み出せない、踏み出し方がわからない学生なので、まずはいろんな人と交流することから始めてみようと思いました。

3月20日に土肥さんが代表理事を務める団体の『わかもののまち・静岡』が主催する
『静岡わかものフェスタInグランシップ』  がありますので、こちらも要チェックですね☆

わかもののまち・静岡 ホームページはこちら

それでは、土肥さんありがとうございました!
次回のchallengeもお楽しみに~☆(^_^)


カテゴリ:未分類, 経情生



2016年度卒業研究発表会!

みなさんこんにちは!経情4年の持田です。
寒さが厳しくなりましたね(;_;)
静岡は暖かい地域なのか、日本各地で雪が降るなか「もしや…(ワクワク)」という静岡人の期待を裏切って雨でしたね。
寒さに強くない反面、雪景色を期待する気持ちもあり複雑な気分です。笑

 

さて、今月は先月1月20日に行われた経営情報学部の卒業研究発表会についてレポートです!
静岡県立大学経営情報学部は全学年の経情生と教職員が参加します。そして4年生が取り組んできた卒業研究について、この発表会を通じて知ることができます。
卒業研究は、経営戦略・マーケティング・組織マネジメント・会計・地域活性化・福祉・デジタル機器・プログラミングなど様々なテーマを設定し研究を行います。

Challenge12月1日更新記事では情報分野の卒業研究についてインタビューとともに特集していますのでぜひチェックしてみてください☆ ⇒ challenge12/1

 

 

学部4年生は研究発表を終えれば卒業!ということで緊張感が伝わってきます。

 

 

卒業研究発表は、学部1~3年生の将来のゼミ選択や卒業研究を考えるきっかけにもなります。というのも、経営情報学部では経営・総合政策・情報・数理分野を幅広く学ぶことができる分、研究内容も多彩です。入学時やコース・ゼミ配属などで分野や先生方の研究内容を知ることができますが、この卒業研究発表では“学生”の研究内容を知ることができ、「自分だったらどんな研究がしたいか」といった考えるきっかけにもなっています。実際に、卒業研究発表を聞いて今まで研究したいと考えていた内容と違う研究に挑戦したという人もいるそうです。

 

卒業研究発表会が終わると、学部4年生はひと段落、新しい環境に向けて準備をすすめつつ、最後の学生生活を過ごします。

 

 

challenge編集部の林田・持田も発表し、卒業発表を終えました!(^^)

 

 

 

最後になりましたが、今月が私の最後の記事になります。
大学1年の終わりから約2年半近く、たくさんの経情生や経営情報学部のイベントを取材させていただきました。challengeでは“読み手を意識した文章”や“傾聴”など本当にたくさんのことを勉強させていただきました。そして今、2年半前にはできなかったことが記事や取材を重ねることで少しずつできるようになっていたな、と感慨深く思っています。来年度から社会人としてchallengeで学んだことを精一杯活かし、頑張っていきます!
一足早いですが、2年半、本当にありがとうございました!
これからもChallengeをよろしくお願いします。

来月は3月1日更新です!お楽しみに☆


カテゴリ:研究, 経情生



経情OB・静岡にシェアハウスを立ち上げた鈴木駿矢さんにインタビュー!

みなさん、あけましておめでとうございます。
2016年最初のChallengeは経営情報学部のOBにインタビュー!をテーマにお送ります。

2015年12月に静岡にオープンした学生専用シェアハウス「コクーンベース静岡」
立ち上げたのはなんと、静岡県立大学経営情報学部の卒業生である鈴木駿矢さんです。

鈴木駿矢さん
イベント企画制作企業コロニーリンク 代表
学生向けシェアハウス コクーンベース静岡 運営事務局代表
(知りたい方は、コクーンベース静岡 をご覧ください)

 

鈴木さんがシェアハウス「コクーンベース静岡(以下、コクーンベース)」を作るうえでこだわったことは、学生が相場よりも安く住めるようにすることと、面白い社会人と出会えるスペースにすること。

今回は、鈴木さんにシェアハウスの立ち上げや大学生活の思い出についてお話を伺いました。

 

林「鈴木さんが起業をしようと思ったきっかけは何だったんですか?」

鈴「僕の家族が自営業の人ばかりだったので、小さいころからサラリーマンになるというイメージを持ったことがなかったんです。自分の生業を見つけるということが大人だと思っていたので、自分で何か業を興したいとずっと思っていて、それを何にするかっていうのを昔から考えていました。
それで大学3年生のときに就活うつという問題を身近に感じたことがきっかけで、こういう問題を解決するために起業しました。」

 

林「その手段のひとつがシェアハウスだったんですか?」

鈴「そうですね。まず、大学周辺に住んでいる一人暮らしの大学生と実家暮らしの大学生ではやりたいことに割ける時間が違うんですよね。ゼミの活動を頑張っている後輩が、名残惜しそうな顔で終電に間に合うように走って帰っていく姿を見て、もうちょっと頑張りたいっていう気持ちがあるのに、やれることが制限されてしまうことは非常にもったいないな、と思っていました。そういう学生はたぶんいっぱいいるんだろうな、と。そんな学生のためにできるだけ安価に住むことができて、一緒に住むみんなも挑戦を応援してくれるようなシェアハウスを作りたいと思ったんです。

あと、僕が所属していたゼミでは社会人と接する機会や社会のことを知る機会が自然に与えられていたんですが、普通に大学生活を送っていると社会人と出会う機会ってあんまりないんですよね。で、何も知らないまま大学を卒業して社会に出ると、理想と現実の差にショックを受けやすい。だから社会人と接する機会や社会のことを知る機会が必要なんじゃないか、と思って多くの社会人と出会えるシェアハウスにしようと思いました。」

 

 

林「いま社会人になって振り返ったとき、学生のときのどんな経験がいまの鈴木さんを作っていると思っていますか?」

鈴「一言でいうと、挑戦していたことですかね。迷ったら挑戦する方を選ぶという考え方がいま一番活きていると思います。
僕は学生時代に後悔がないんですよ。たくさん遊んだし、本もたくさん読んで勉強したし、勉強したことを実際の活動にも活かしたし。それを応援する仲間もできたし、今でも続いているし。それを引き継いでいってくれる後輩たちもできた。挑戦しつづけていたから学生生活に対する悔いは全くないですね。」

 

林「では最後に、どんな人にシェアハウスに入ってきてほしいですか?」

鈴「挑戦したい学生です。挑戦したい学生っていうと割とハードルをあげているようだけど、起業とかそういう大きな挑戦じゃなくてもいいんです。コクーンベースは、何かやりたいけどどう踏み出していいか分からないとか、やりたいことはあるけど一歩が踏み出せないとか、そういう学生の後押しを全力でしていきます。やりたいことが決まっていないなら、一緒に住む学生やシェアハウスの運営に関わる社会人の活動に参加してもいいし。コクーンベースはいろんな挑戦の機会を与えることができると思います。」

 

自身の大学生活に悔いはない!と言い切る鈴木さん。とってもかっこいい!!
また鈴木さんの話を聞きながら、大学生のうちに多くの挑戦をすることで挑戦へのハードルが下がったり、大学生のうちに多くの成功経験や失敗経験を得ることで自分の得意・不得意なことが知れて、社会に出ても自分の戦い方を見つけることができたりするのではないかと私は感じました。

 

鈴木さん、ありがとうございました。
次回は2月です。おたのしみに~!


カテゴリ:経情生, 経情生の将来



国保ゼミ3年生が日経GSRアイデア・コンテストで最優秀賞を受賞しました!

みなさん、こんにちは!

経営情報学部4年の林田です。季節はすっかり秋。紅葉が少しずつ見つけられるようになってきましたね。

さて今回のChallengeは、日本経済研究センターおよび日本経済新聞社が主宰する「第6回大学生が企業と共に考えるGSR(Global Social Responsibility/地球規模での社会的責任)のアイデア・コンテスト」に出場し、最優秀賞を受賞した経営情報学部生4名を紹介します。

「大学生が企業と共に考えるGSRのアイデア・コンテスト」にて今年の最優秀賞を獲得したのは、(写真左から)国保ゼミ3年生荒岡大紀さん、植月孝太郎さん、奥村拓哉さん、山下雄大さん。

国保ゼミのチームは、ファンケルと全日空(ANA)の2社の企業の経営資源を組み合わせ、インドの乳幼児の栄養不良問題を改善するためにヒマラヤ原産の植物「モリンガ」の栽培と商品化を実現させるビジネスプランを提案しています。

今回の国保ゼミのビジネスプランは、日経チャンネル:GSR学生アイデア・コンテストから動画でご覧いただけます。
(国保ゼミの発表は8番目)

——

林田「ビジネスプランの作成に取り組んだ期間は、半年くらいとお聞きしましたが、半年間どんな思いだったのですか?」

荒岡「最初は取り組む社会問題のテーマをインドの児童婚問題に設定をしていたんです。その時期はビジネスプランのアイデアが全く湧かず、先が見えない状態のまま時間だけが過ぎている気がして不安だらけでした。」

林田「そんな不安な状態をどうやって乗り越えたんですか?」

荒岡「僕は知り合いの社会人の方や社会問題に詳しい大学の先生にたくさん話を聞きにいきましたね。」

奥村「思い切ってテーマをインドの栄養問題にシフトし、モリンガという新しい植物に目をつけ、やっとプランが前に進んでいきました。」

山下「僕は正直、最初から最後まで本当に辛い気持ちでしたね。自分たちは頑張っているつもりなのにそれがなかなか見える形にあらわれなくて、悔しくて人知れず枕を濡らしたこともありました。(笑)」

植月「プランを良いものにしようという思いを強く持っていたが故に、意見が食い違って衝突することはよくありましたね。プランの細かい部分で4人の中で認識の不一致があって、それぞれが自分のアイデアの方が良いという主張で対立することもありました。でもそんな時期があったから、僕たちは本音で話し合える仲間になったんだと思います。」

 

林田「では、コンテスト当日のプレゼン発表の時はどんな気持ちでしたか?」

荒岡「ずっと僕達を指導してくれていた国保先生が、僕達のプレゼン発表の直前に、“いけるよ!”という一言をくれて、それで自信がついて僕はあまり緊張せずに臨めました。」

奥村「実は僕、発表中に次の台詞が飛んでしまったんです。山下の顔を見つめて助けを求めたら口パクで教えてくれたのでギリギリ助かったんですが、あれは本当に焦りました。」

植月「練習の時は一番うまく話していたのに。(笑)」

山下「プレゼンの練習を何度もしたおかげで、自分以外のメンバーのセリフも覚えていたので助かりました。」

林田「結果発表の時はどんな様子だったんですか?」

山下「1~4位までが入賞なのですが、2位の発表まで僕達の名前が呼ばれなかったので実は少し諦めていたんです。」

植月「そうしたら最優秀賞で名前が呼ばれて、思わず叫びましたね。びっくりして瞳孔が開ききっていました。本当にうれしかったです。」

 

林田「半年間、本当に大変だったと思いますがこのビジネスプランコンテストに参加してどんな所が良かったと思いますか?」

奥村「思いますね。企業の方々とのミーティングや大勢の人の前でのプレゼン発表で度胸がつきました。」

荒岡「僕4人で一つのプランを創っていく中で、自分自身の中立の立場に立って意見を言うことができるという強みとその重要性に気付くことができました。意見が対立した時も両者の意見を聞いて、両方のいい所を探していく姿勢が磨かれたことが良かったと思っています。」

植月「僕も意見が対立したとき自分の意見を押し付けるばっかりじゃなく、相手の意見を聞く冷静さが必要なんだと気付くことができました。他にも伝わりやすいプレゼン資料の作り方や発表の仕方、効率の良いミーティングの進め方など、半年間で本当に多くのことを学びました。」

山下「やっぱり僕たちにとってこのコンテストで賞を獲るというのは高いハードルでしたが、それを乗り越えるために自分たちの持っている以上の力を出さなくてはいけない、っていう思いが自分をまた一歩成長させてくれたと思います。」

—–

荒岡さん、植月さん、奥村さん、山下さんありがとうございました。
これからもゼミの活動にも力を入れて頑張ってほしいと思います。応援しています!!

 

次回の更新は12月1日です。お楽しみに~♪

 

 


カテゴリ:研究, 経情生