Jump over the chasm!

経情歓迎会☆

 

みなさん、こんにちは!
経情4年の外山です(^_^)

新歓シーズンも終わり、あっという間に5月が来てしまいましたね(o;;
1
年生のみなさん、学校には慣れましたか?
授業や資格、サークル、バイトのこと分からないことがあったら、どんどん先輩に聞いてみましょう

さて、今回は
421日に開催された『経情歓迎会』
に潜入してきました( ˆ ˆ )

3月号のチャレンジでも紹介したように、
『経情歓迎会』とは、
経営情報学部の縦のつながり横のつながりを作るイベントです。
実はこのイベント、去年の12月から企画していました。

有志で集まった運営メンバー23年生はとっても仲良し!

 

 

先輩後輩関係なく、楽しそうに活動していました!!!

~本番当日~

 

 

 

 

 

 

 

 

開場前、続々と集まる経情1年生。
フレッシュな雰囲気を醸し出す1年生を見て、

私は3年前の自分を思い出してしまいました・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ、歓迎会スタート!
経情3年生の高嶋くん、土川さんの
仲の良さを感じられる司会は見ていて微笑ましかったです☆

 

 

 

 

 

 

 

最初のゲームは、名前リレー!
あらかじめ割り振られていたグループ全員の名前を覚えるゲームだったのですが、意外と簡単でしたね♪

次にグループで豚のしっぽというトランプゲームをしました。
瞬発力が問われるゲームで大盛り上がり。グループ内の仲が一気に深まりました(^^)

ここでグループのメンバーとはお別れ。
今度は、1年生全員で大きな輪を作って手つなぎバスケット。
話したことのない人とも手を繋ぎ、新しい友達ができたのではないでしょうか^ – ^?

 

休憩をはさみ、新しいグループ対抗のクイズ大会が始まりました。
教授にまつわるクイズやIQサプリなど、よく考えられたクイズで、難しかったですね!
スペシャルゲストの静岡県自動車学校の方からの出題もあり、まだ免許を持っていない1年生は苦労していましたね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最後のプログラム、
フリートーーーーーク!
上級生からのサークルやバイト、履修のお話は1年生にとってためになったでしょうか?
先輩と仲良くなれましたか?

上級生は、今回仲良くなった1年生とどこかで会ったら

積極的に話しかけていきましょう(^^)!

 

 

 

 

 

 

今回の経情歓迎会に参加してよかったと思う1年生は
ぜひ、先輩たちの意思を継いで、来年は企画する側に回ってみてください!


カテゴリ:未分類



平成28年度 学部・短期学部・大学院学位記授与式

みなさんこんにちは!経情4年になった鈴木です(^^)/

もう4月ですね~

3年前の私は、新入生歓迎委員会が開催する

クラブサークル紹介や新歓パーティー、運動会、バスハイクに参加して

新歓行事を楽しんでいました!(*^^)v

 

 

今年も新入生歓迎員会によるイベントが開催される予定なので

新入生はぜひ参加してくださいね!!

 

 

さて、入学してくる学生がいれば卒業していく学生もいるわけで。

 

先月の17日には学部・短期学部・大学院学位記授与式が行われ、

経営情報学部生92名がご卒業されました。

 

 

ということで今月は、卒業生の皆さんに

『卒業式の今日、感謝を伝えたい相手は誰ですか?』

というインタビューをしてきました!

 

 

 

『国保先生』

 

『藤本先生』

 

普段の生活から卒業論文の指導まで、一番自分と向き合ってくれたのは

ゼミの先生なのではないでしょうか(^^)

 

 

 

『友達』

 

『かほちゃん(友達)』

 

『友』

 

 

楽しい時間も辛い時間もともに過ごした友人は

これからの新生活でもきっと皆さんの力になってくれると思います!

 

 

『両親』

 

『じゅんこ(お母さん)』

 

 

金銭的なサポートだけでなく、精神的なサポートもしてくれた親には

感謝してもしきれないですね!

 

 

 

『野球部』

 

 

部活動では、学部も学年も超えて楽しい時間を過ごせたようです!(^^)/

 

 

『高3の時の担任』

 

 

経営情報学部に入学できたのも高校の先生の指導があったからこそですね!

 

 

 

協力して頂いた卒業生の皆さま

ありがとうございました!!

 

 

経営情報学部で楽しい時間を過ごせているのも

周りの人の支えがあるからなのだと

今回のインタビューで気づくことが出来ました。

 

 

 

最後になりましたが

卒業生の皆さまご卒業おめでとうございます。

皆様のこれからのご活躍を応援しています!

 

そしてぜひ、経営情報公式ブログChallengeで先輩たちの

活躍の様子を紹介させてください(^^)/

 

 

では来月もお楽しみに!

 


カテゴリ:未分類



経情歓迎会の裏側に潜入取材!!

 

 

みなさんこんにちは!経情3年の外山です(^^)

 

最近は徐々に暖かくなってきて、春らしい気候に近づいてきましたね

暖かくなってきて過ごしやすくなってきたのはいいのですが、

私はこの時期、毎年花粉症に悩まされます・・・涙

今も目と鼻を取って洗いたいほど、かゆいです!!!

花粉症が少しでもマシになる方法を知っている方は

教えていただけるとありがたいです<(_ _)>

 

 

 

今月のチャレンジは

経情歓迎会の準備をしている現場に潜入してきました(^o^)

経情歓迎会とは、有志で集まった

経営情報学部の現12年生が

今年の春、入学してくる新入生を歓迎するイベントのことです。

 

もともと、経営情報学部は

上級生や下級生との縦のつながり

同級生同士の横のつながりを大切にする学部です。

そのため、1年次には

上級生と積極的に関わることができる授業があるのですが、

「授業以外でも1年生と関わりたい!」

「もっと他学年と仲良くなりたい!」

と言う上級生の声もあり、

去年から有志でメンバーを集め、経情歓迎会という形で

開催されるようになりました。

 

去年の経情歓迎会の様子は、こんな感じです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新入生の参加は自由なのですが、

9割の新入生が参加してくれました(*^_^*)

みんな楽しそうですね

 

 

 

 

 

それではここから、今年の経情歓迎会の

準備の現場をお届けしたいと思います!

経情歓迎会自体は、4月の後半に開催なのですが

イベントスタッフは去年の年末から動いています。

(開催日は入学後、スタッフから新入生に告知されます)

ずいぶん前から準備しているんですね(^_^)

 

 

今年の経情歓迎会スタッフは主に二つの班にわかれて

活動しているようです。

2月某日、私は一つの班のミーティングを覗いてきました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、2年生3人、1年生3人が集まっていたのですが、

1年生も2年生も真剣に意見を出し合っていました。

 

1年生がしゃべりやすいように、2年生がしゃべりやすい雰囲気を

作っているように見えました。

また、1年生も2年生に遠慮せず、

たくさんの面白い意見を出していました。

さすがですね!

 

 

 

今年は去年とはガラッと違ったことをしようと

試みているようです

今後の経情歓迎会スタッフの動きも必見ですね!!

最高のイベントになることを期待しています!!

 

 

 

 

今年の春、経営情報学部に入学される方々は

経情歓迎会を楽しみにしていてください。

とてもステキな出会いがあると思います(*^_^*)

 

 

 

 

それでは、今月のチャレンジはここまでです

次回のチャレンジはどうなるでしょうか!

お楽しみに~

 


カテゴリ:未分類



ミャンマー研修参加者にインタビュー

こんにちは!経情3年の鈴木です(^^)/

 

最近では、118日に4年生の卒業論文発表会があり、

4年生はいよいよ卒業が近づいてきました!

 

サークルなどでこれから送別会が開かれますが、

体調管理には気を付けて、気持ちよく4年生を送り出したいですね!!

 

さて今月は、JENESYS2016に参加した池ヶ谷亮さん(竹下ゼミ)、鈴木幸太朗さん(尹ゼミ)、鈴木沙依さん(竹下ゼミ)の3人にインタビューしてきました!

 

JENESYS2016とは、日本とアセアン諸国との間で、対外発信力を有し将来を担う人材を招へい・派遣し、政治、経済、社会、文化、歴史、外交政策等に関する対日理解の促進を図るとともに、親日派・知日派を発掘し、また、日本の外交姿勢や魅力などについて、被招へい者・被派遣者自ら積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し、我が国の外交基盤を拡充することを目的としているプロジェクトです。

 

 

―なぜこのプロジェクトに参加しようと思ったのですか?

鈴木幸太朗さん(以下 鈴木幸):ゼミの先生に進められたのがきっかけです。

自分の幅を広げるのに様々な人と接するのはいいことだなと思って参加を決めました。

 

池ヶ谷亮さん(以下 池ヶ谷):今後伸びてくるであろうミャンマーという国がどんな国なのかを知りたいと思い参加を決めました。将来就職した時に、ミャンマーなどの発展途上国が重要な存在になってくると思うので、今のうちから積極的に関わっていきたいと思っていたので。

 

鈴木沙依さん(以下 鈴木沙):私はもともと途上国に興味があって、どんな人が住んでいて、経済活動がどの程度行われているのかを知りたいと思い参加しました。

 

―ミャンマーで印象に残っているエピソードは?

鈴木沙:ミャンマーでとても仲良くなった子が居て、その子に名前を言ったらその場でささっと私の名前を書いてくれたのがとても印象的でした。ミャンマーの方々は人懐っこくて、Giveの気持ちが強いんですよ。帰国するときも、わざわざ空港まで見送りに来てくれて。

そのくらい、自分たちの国のことを忘れないでほしいと思っているのだろうし、日本と繋がりたいって思ってくれているんだなと思って。そういうことを知れて本当に行って良かったな、と思いました。

 

 

鈴木幸:ヤンゴン大学の学生に日本の文化で書道を紹介した時の学生の反応ですね。

日本人だと、手を挙げたり、前に来たりっていう積極的な反応はなかなかしないじゃないですか。でも向こうの学生はそういった反応をしてくれてとても嬉しかったです。

 

 

池ヶ谷:おなか壊して2日間くらいホテルで寝込んだことが印象に残っていますね。フルで参加できなかったことが残念でした。料理は全部おいしくて、だからこそ食べ過ぎてあたっちゃったのかもしれません(笑)

 

 

―ミャンマーに対する印象はどう変わりましたか?

 

鈴木幸:思っているよりも安全で、人もすごくいい人ばかりで親日家でした。

もっと日本もミャンマーに歩み寄っていくべきなんじゃないかなって思いました。

 

鈴木沙:ミャンマーにいるときに財布を落としてしまったんですけど、中身も全部そのまま戻ってきて、とても安全な国だなって思いました。

 

池ヶ谷:そうそう。日本人と似てるなって思いました。勤勉なところとか。

MJC(日本企業がミャンマーに進出する際に、ミャンマー人が日本企業に馴染めるような教育をする場所)の見学をさせてもらったんですけど、そこの職員さんもミャンマー人は日本人に似て勤勉だと言っていました。

 

鈴木幸:そこに通う人は女性が多くて、女性の社会進出は日本に比べて高い印象を持ちました。そういったところは日本ももっと見習っていく必要があるなって思いました。

 

 

 

―他学部に比べ海外に行く機会の少ない経情生に一言お願いします!

 

池ヶ谷:こんなところが日本と似てるだとか、こんなところが違うだとか、いろいろなことを学べるので、迷ったら一歩踏み出したほうがいいと思います!

 

鈴木沙:1週間でも5日でも、少なくてもいいから行くべきです!見聞も広がるし、将来の視野も広がると思います。特に1,2年生の時間のあるうちに行ったほうがいいと思う。

 

鈴木幸:僕は全然英語は話せないけど、行けばどうにかなるので(笑)

実行力だけつければ世界は広がると思います!

 

 

池ヶ谷亮さん、鈴木幸太朗さん、、鈴木沙依さんありがとうございました!

 

私は英語を喋れないのを言い訳にして海外にはなかなか目を向けなかったのですが、

3人のお話を聞いて海外に挑戦していきたいと思いました。

 

言い訳ばかりして先延ばしにしているとあっという間に卒業です!

時間のある大学生活のうちに色んな事に挑戦していきましょう!!

 

 

次回もお楽しみに!!!!!


カテゴリ:未分類



留学経験者にインタビュー!!

みなさんこんにちは!

あけましておめでとうございます!!

経営情報学部3年の外山です♪

年が明けて2017年になりましたね。

私の新年の目標は、

今年こそはダイエットに成功する

ことです(笑)

みなさんはどんな目標を立てましたか(^^)?

 

 

さて今月のチャレンジは、

先月、海外留学から帰ってきた日比健人さんにインタビューをしてきました!

海外留学しようか迷っている人やこれから留学する人は必見です!!

 

 

 

 

-どこに留学していましたか?

カナダのトロントというところに留学していました。

トロントはカナダで一番人口の多い大都市で、

日本人にとってあんまり抵抗感なく行けるところかな。

カナダは寮が多くて、留学といった意味では

行きやすいところですね!

 

-どういった経緯で留学しようと思いましたか?

もともと、心のどこかに留学したいなという気持ちはあったんです。

でも現実的ではなくて、他人事というか、

すごい人が行くものなんだろうなと思っていました。

 

もともと、料理が好きでレストランを建てたかったんですよ。

それで、静岡にいるときに9ヶ月くらいベンチャーのインターンシップに参加して、

たい焼き屋さんを開いたんですよ。

その経験もあってレストランを建てることって意外と簡単なんじゃないかなって思ったんですよね。

でも、日本でレストランをブランディングするのって大変なんじゃないかと思っていて・・・

そんなときに、居酒屋で働いていたら、

外国人のお客さんがお刺身の盛り合わせの写真を撮っているのを見て、

これだ!と思ったんですよ。

日本人にはウケなくても外国人にはウケることってあるんだなって!

そこから留学しなきゃ!と思うようになりました。

これが出発の二か月前の出来事です(笑)

 

-留学中何をしていましたか?

まず、カナダに行って、その日のうちに自分で握った寿司を

ホストファザーに振舞いました。

そしたら、ホストファザーに

「君、これお金になるよ!」って言われたんです。

その1週間後に近所の人たちを集めて、握り方をレクチャーしながら

寿司パーティーをしたら気に入ってくれる人たちがいて、

あ、レストランっていいのかも!と思いました。

そこから日本料理のクッキングスクールを始めましたね!

生徒は一人だったんだけど、毎回自分が材料を買って行って

料理を教えていました。

 

あと、近所の家の子に日本語を教えてました。

最初はその子1人だったんですけど、

口コミとか掲示板を作って広告を載せたら最終的に5人くらいまでになって、

そこから日本語教師をずっとやってました。

それは1時間15ドルくらいで、1日1時間から2時間くらいやってましたね。

そのほかに、ジャパンハックスっていって、

外国人の日本旅行とか買い物を助けるツールをオンラインで発信していました。

(youtubeに載ってます。→コチラ

 

-留学してよかったことはなんですか?

単純に英語が話せるようになったことですかね。

留学に行ったから英語が話せるようになったわけじゃなくて

行ってから普通の人がやってないような努力をしたからこそ

英語を話せるようになったと思ってます。

あと、いろんな国の人を見てきたので、いろんな国の文化を知ることができました。

文化を知ることで、例えば、社会に出たとき、

この国の人はどうしてこんな行動を取るんだろう?とか、

留学の経験がなかったらただのストレスでしかないと思うんですけど、

留学を経験したからこそ、そういった他の国の人の行動とか考え方に

寛容になったと思います。

 

-留学中大変だったことはなんですか?

意外と言語の障壁っていうのはなかったんでその点はよかったんですけど、

日本では大学生で大学に行っているだけで何か学ぶことができたけど、

カナダでは、大学生ではなかったので、

自分で学ぶ機会を作っていかなくちゃいけなかったことが大変でした。

 

-留学までに何をしておくべきですか?

英語ですね!僕はDMM英会話というのをやっていました。

DMM英会話っていうのは、外国人とオンラインで会話するレッスンなんだけど

僕はそれを毎日欠かさずやってました!!

あとは、外人の先生を捕まえて週に何回か会話する時間を作ってもらっていました。

 

-最後に留学しようか迷っている人に一言お願いします!

みんなが留学しようか迷うところのネックって

お金の面を除いて、なんで留学するのか、の理由づけだと思うんですよ。

先生とか、親とか、周りの大人たちもそこを気にしてくると思うんですけど、

僕は迷っているなら留学するべきだと思います!

なんで留学するのか、の理由は

実際に行ってみると何か見えてくると思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日比さん、ありがとうございました!

このブログを読んで、留学しようか迷っている人が

留学しよう!と思ってくれるといいなと思います。

 

さあ、来月はどんなテーマになるでしょうか!

お楽しみに~\(^o^)/


カテゴリ:未分類